超高強度・炭素繊維強化プラスチック

  • 製品名:KyronMAX(カイロンマックス)
  • メーカー名:Mitsubishi Chemical Advanced Materials, Inc.

KyronMAXTM(カイロンマックス)は、非常に高強度の炭素繊維強化プラスチック材料です。


KyronMAXは熱可塑性樹脂と炭素繊維を複合化した射出成形用のコンパウンド樹脂で、ペレット形状で販売しています。

特殊なコンパウンド技術を採用することにより、従来の射出成形用プラスチックよりも高強度・高弾性率を発現しています。

具体的には、一般的なガラス繊維強化樹脂と比べて70%以上高い強度、一般的な炭素繊維強化樹脂と比べて30%以上高い強度となっています(引張強度で比較)。


PA66、PPA、PEI、PEEKなど、各種エンジニアリングプラスチックやスーパーエンプラをベース樹脂としています。


そのほかに、高耐熱PPAや低吸水PAをベースとする新材料もご提案しています。


★新開発★

ご要望にお応えしまして、ポリカーボネートやのグレードを新たに開発しました。寸法安定性を必要とされる用途にぜひご検討ください。




金属代替・軽量化

KyronMAXTMは、従来の樹脂材料では困難であった金属代替用途に展開されています。

アルミニウムやマグネシウムなどの金属材料から置き換えが可能な、優れた機械特性を備えています。

アルミニウムと比較して約40%、マグネシウムと比較して約30%、比重が小さいので、部品の軽量化に大きく貢献します。





複雑形状の射出成形

長繊維を用いるCFRP技術の場合、プリプレグやハンドレイアップで製造するため、コストが高かったり、形状に制限があったり、という課題があります。


その点、KyronMAXTMは熱可塑性樹脂をベースとしたペレットですので、一般的な射出成形機での射出成形が可能です。


複雑形状の部品も成形することが可能で、量産化によるコストダウンも期待できます。





KyronMAXTMのシリーズ

KyronMAXTMには3つのシリーズがございます。


標準シリーズのSシリーズは、ペレットでの量産販売をしています。

ES、XSシリーズについては開発中です。

1586397665183359.png




KyronMAXTMは、米国のMitsubishi Chemical Advanced Materials inc.で開発・製造している材料です。

日本では株式会社ウエストワンが総代理店として販売しております。

他材料との引張強度比較データ


KyronMAXTMは、一般的なガラス繊維強化コンパウンドや炭素繊維強化コンパウンドよりも、高強度・高剛性です。

同じベース樹脂・同じ繊維含有量の処方で、引張強度の比較をした例を示します。


ベース樹脂

PA66

PPA

PEI

PEEK

30% ガラス繊維

190

173

173

172

30% 炭素繊維

241

283

214

248

30% Kyron MAX繊維

325

383

278

336




スクリーンショット 2018-10-02 15.43.53.png





長繊維強化ペレット(LFT)との比較

KyronMAXTM材料は短繊維強化ペレットであり、長繊維強化ペレット(LFT)とは異なる技術です。

短い繊維を用いているため異方性が少なく、成形品のソリや歪みなどが生じにくく、扱いやすい材料です。


また、長い繊維が含まれている材料の場合、成形品のウェルドラインの強度低下が著しく、本来の高い機械特性を発現できないことがあります。


KyronMAXTMの場合、短い繊維ですので、ウェルドラインの強度低下が比較的小さく、かつ他の短繊維強化プラスチックよりも優れた機械強度を示します。


1586397764715169.png



Kyron MAXTMのベース樹脂

Kyron MAXTMは、ベース樹脂の異なる複数グレードがございますので、用途や必要特性に適した材質をご選択いただけます。 

市場ニーズに応じて新グレードも随時開発中です。


1586397180497165.png



物性表をご希望の方は下記リンクからダウンロードいただくか、当社までお問い合わせください。

(下記リンクからのダウンロードにはイプロスへの会員登録が必要となります)

KyronMAX 物性表ダウンロード