水溶性ランドリーバッグ

  • 製品名:EXCELENE®
  • メーカー名:

EXCELENE_logo.jpg1597280413438226.png

EXCELENE®(エクセリーン)水溶性ランドリーバッグは、PVAを主成分とした水溶性かつ生分解性のフィルムから作られています。

*PVA = ポリビニルアルコール


EXCELENE® は、JBPA(日本バイオプラスチック協会)のグリーンプラマーク 認証を取得しております(登録No. 1133)。


水溶性という特徴を生かして、医療施設や介護施設、ホテル等でのランドリーバッグとして使われています。

医療現場等で発生する使用済みリネンを本ランドリーバッグに入れて、ランドリーバッグごとそのまま洗濯機に投入することができますので、汚染されたリネンに直接触れることなく安全に洗濯することが可能です。

院内での一次消毒作業も省略でき、院内感染対策として有効なアイテムです。


ランドリーバッグ本体は65℃のお湯で溶解、袋口を結ぶためのテープは25℃の水で溶解する仕様となっています。

感染症対策として推奨される熱水消毒(80℃以上、10分間以上)の際に適切に溶解するように設計されています。

テープ部分は常温水(25℃)で溶ける仕様ですので、予洗時に先に袋口が開きますので効率的に洗濯ができます。



サイズ

S: 660mm x 840mm x 25μm

M:710mm x 990mm x 25μm

L: 914mm x 990mm x 25μm



溶解温度

本体:65℃、テープ:25℃

*上記温度以下でも溶け始めますので、ご注意ください。

*冷水可溶など、溶解温度の異なるタイプも特注にて承ることが可能です。



本体:ナチュラル、テープ:オレンジ



梱包

200袋/箱(25袋/ロール x 8ロール)

*25袋が連続してロールに巻かれておりミシン目で切り離す仕様となっています。




詳しい資料をご希望の方は下記リンクからダウンロードいただくか、当社までお問い合わせください。

(下記リンクからのダウンロードにはイプロスへの会員登録が必要となります)

EXCELENE 資料ダウンロード



*この度、本商品の商品名を「Proudly 水溶性ランドリーバッグ」から「EXCELENE® 水溶性ランドリーバッグ」に

変更させていただくことになりました。名称のみの変更で、仕様の変更はございません。

詳しくは、弊社までお問い合わせください。


ご使用方法


  1. 使用済みリネンをランドリーバッグに 入れます。

  2. ランドリーバッグの口を付属のテープ で結びます。

  3. ランドリーバッグごと洗濯機に投入 します。

  4. 熱水洗浄をします。

  5. ランドリーバッグが溶けます。


スクリーンショット 2020-05-12 13.52.02.png




ご使用上の注意


保管時

水溶性ランドリーバッグは、ご使用されるまでジッパーバッグから取り出さないでください。


水溶性ランドリーバッグの使用分を切り離しましたら、残りのバッグは再度ジッパーバッグに入れて封をしてください。 ジッパーバッグに密封することで、空気中の水分に触れることを防ぎます。


ジッパーバッグに密封された水溶性ランドリーバッグは、7℃〜30℃、RH 20〜70%の環境で保管ください。 なるべく乾燥している環境で保管することを推奨します。


推奨保管期間はメーカー出荷後1年間です。

 


使用開始時

水溶性ランドリーバッグは乾燥した手でお取り扱いください。 バッグの強度や品質を維持するため、水分が触れないようご注意ください。


【重要】 まずはじめに乾燥したリネンを先にバッグに入れてください。 これにより乾燥したリネンがバッグ底部に置かれるので、その後に少し濡れたリネンが入れられたとしても、水分のバッグへの接触を最小限に抑えられます。


濡れがひどいリネンは入れないようにしてください。水溶性ランドリーバッグは水分の影響を受けやすい材質で作られています。

 


密封時

水溶性ランドリーバッグを閉める前に、中の空気をなるべく追い出してください。 出てきた空気が顔にかからないよう注意して作業をしてください。 空気を十分に抜くことで、バッグを積んだりする際の強度が高く保たれます。


バッグに付属するオレンジ色のテープを剥がして、このテープでバッグの口を締めてください。

【注意】バッグの口を直接結ばないでください。結び目が洗濯中に溶け残る可能性があります。


テープで密封された水溶性ランドリーバッグは、他の外袋に入れて持ち運ぶようにしてください。 バッグに穴が開いたりするリスクを減らすことができます。

 


洗濯時

密封された水溶性ランドリーバッグは、直接洗濯機に投入してください。 感染リスクを避けるため、洗濯前に洗濯物を仕分けすることはされないでください。

温度の低い予洗段階でオレンジテープが溶け、バッグの口が開き、汚れたリネンが洗濯槽内に広がります。

バッグを完全に溶解させるために、次のことを遵守ください。


洗濯機の推奨容量以上の洗濯物を投入しないでください。


洗浄中の熱水温度は65℃以上になるようにしてください。


洗剤が投入される前に、65℃以上の熱水で40秒以上まわしてください。その後、65℃以上の熱水で15分以上、洗浄してください。